法人番号公表サイトにおける非暗号化通信の終了について

令和元年9月2日国税庁

国税庁法人番号公表サイト(以下「公表サイト」という。)では、これまで常時暗号化通信「TLS1.2」(HTTPS)と非暗号化通信(HTTP)に対応していましたが、令和元年11月11日以降、非暗号化通信(HTTP)への対応を終了します。

これにより、令和元年11月11日以降、「http:」で始まる公表サイトのURLでの接続はできなくなります。

変更(予定)年月日 令和元年11月11日(月)
閲覧できなくなるURL 「http:」で始まる公表サイトのURL

1 留意事項

上記変更により、「TLS1.2」に対応していない端末ならびに「TLS1.2」を有効に設定していない端末等からは、公表サイトが閲覧できなくなります。ご利用端末等の「TLS1.2」対応及び設定などにつきましては、各メーカーへお問い合わせください。

また、ブックマーク機能に「http:」で始まる公表サイトのURLを登録している場合や、リンクを設定している場合などは、「https:」から始まるURLに切り替えていただきますよう、お願いいたします。

2 参考事項

ご利用のブラウザにルート証明書としてSecurity Communication RootCA2がインストールされていない場合、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」などの警告が表示されることがあります。以下のリンク先よりルート証明書をダウンロードしていただき、端末へのインストールをお願いいたします。

なお、端末への具体的なインストール方法などは、各メーカーへお問い合わせください。

ご利用の端末やブラウザにルート証明書がインストールされているか確認される場合は、以下のリンク先を参考にご確認ください。

ルート証明書の確認方法について