これから登記を申請して新たに法人を設立しますが、法人番号の指定通知書を受け取るに当たり、注意すべきことはありますか。また、法人番号指定通知書が届かない場合はどうすればよいのですか。

 法人番号指定通知書は、登記完了後一週間程度で登記上の所在地宛てに普通郵便で送付していますが、新設法人の場合、郵便局は登記上の所在地に法人が入居していることを把握していなければ、通知書を差し戻してしまうことがあります。そのため、通知書が届くまでの間に法人名を表示した看板や郵便受けを設置するなど、郵便物が届くよう準備いただくことをお勧めします。
 なお、登記上の所在地に未入居、建物が建設中又は登記とは異なる所在地で事業を行っているという理由で、通知書が届かない場合であっても、当サイトで法人名及び所在地から検索することにより法人番号の確認ができます。確認した法人情報の画面は、印刷して使用することができますので、当サイトをご活用ください。
 また、通知書は指定した法人番号をお知らせするためのものですので、通知書が届かなかった場合でも、原則として、再送付は行っていません。

(関連FAQ)
 新たに設立登記した法人には、法人番号はいつ通知されますか。
 新たにできた設立登記のない法人及び人格のない社団等が税務署へ申告書・届出書を提出した場合は、法人番号はいつ通知されますか。
 人格のない社団等が法人番号の指定を受けるための届出をした場合、法人番号はいつ通知されますか。
 法人番号はいつどのような方法で通知されたのですか。(平成27年10月5日より前に設立した法人等の場合)