法人番号の通知の時期を教えてください。

1. 設立登記法人の場合
 法人番号指定通知書は、設立登記完了後一週間程度で登記上の所在地宛に普通郵便で送付しています。
 なお、設立登記法人の場合、登記事項証明書に記載されている会社法人等番号(12桁)から、法人番号(13桁)を計算することができます。
 具体的な計算方法は「チェックデジットの計算」を参照してください。 

2. 設立登記のない法人及び人格のない社団等が税務署へ申告書・届出書を提出した場合
 法人番号指定通知書は、税務署へ申告書・届出書を提出した日から一か月程度で、当該申告書等に記載された国内の主たる事務所の所在地宛に送付しています(設立登記のない法人:普通郵便、人格のない社団等:簡易書留)。
なお、審査に一か月以上の時間を要する場合には、審査が終わり次第、速やかに法人番号指定通知書を発送します。

3. 設立登記のない法人及び人格のない社団等が、法人番号の指定を受けるための届出をした場合
 法人番号指定通知書は、法人番号管理室に「法人番号の指定を受けるための届出書兼法人番号等の公表同意書」が届いた日から一週間程度で届出書に記載された主たる事務所の所在地宛に送付しています(設立登記のない法人:普通郵便、人格のない社団等:簡易書留)。
 なお、審査に一週間以上の時間を要する場合には、審査が終わり次第、速やかに法人番号指定通知書を発送します。

(参考)
 国税庁法人番号公表サイトでの公表は、法人番号指定通知書を発送した日の翌稼働日夕刻に行います(公表の同意をしていない団体を除きます。)。

(関連FAQ)
 これから登記を申請して新たに法人を設立しますが、法人番号の指定通知書を受け取るに当たり、注意すべきことはありますか。また、法人番号指定通知書が届かない場合はどうすればよいのですか。